10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-11-25 (Fri)
実は22日ラボをトリミングへ預け、ネネは整体に行きました。
っとトリマーさんから1本の電話が・・・。

何とラーがシャワーの後発作を起こし、すごい動悸と
チアノーゼになったと・・・ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛!!
急いで迎えに行くと、ラー自身はケロッっと何事もなかったのように
とても普通で。トリマーさん曰く、ラーはいつもトリミングの時
シャワーと戦うそうなんです(汗)
この日もシャワーにガァ~~した後、後ろ足が立たなくなり
すごい動悸だったとの事で、午後の診察時間を待って病院へ連れて行きました。 * * * ネネ自身もパニック状態で、もしかしたら・・・っと思いつつも
何事ないようにと思いましたが
その日の診察の結果、高齢から来る心臓病と診断。
そして薬を処方されました。

帰ってからも何故か納得がいかず・・・
だって聴診しても雑音もないし、心電図も異常がないのに心臓病??
この先ずっと飲んでいかなきゃないなんて・・・

日に日にモヤモヤとした気持ちは、抑えきれず一人になると涙ばかり出るし
寝れない、寝ても気になって気になってすぐ起きる・・・。

こんなんではダメだと質問事項を記入した紙を片手に
本日病院へ行ってきました。

聴診の後、エコー検査、レントゲンを撮りました。
エコー検査の時点ではっきりと僧帽弁がちゃんと働いていないのが
分かりました。そしてレントゲンでも、若干肥大しているのと
新たに気管が屈折しているのも発見。

ラーの病気の正式名は僧帽弁閉鎖不全症
Ace阻害剤と言うお薬を毎日飲む事になりました。
薬の副作用はほとんどなく、心臓の働きを良くするものなので
このお薬で肥大した心臓が小さくなる場合もあるそうです。

後は無理な運動をさせない、塩分の除去など細かい注意事項など
納得出来るまで説明してもらいました。

先生には「小さな事でもいいから、心配事や聞きたい事あったら何でも話してくださいね」っと一言・・・。
病気を受け止めて、納得して治療していきラーが快適に生活出来れば
それだけが望みなので心が軽くなりました。

発作当日は、いろんな検査はラーに負担がかかるのでしなかった
との事で、その日はネネ自身もパニックだったので聞いたかもしれませんがきっと頭に入ってなかったのかも・・・

そう言う事もろもろがきっと納得出来なかったのだと思います。
もっと冷静になれば問題なかったのに・・・。

でも、ラーが赤ちゃんの時からお世話になっている先生なので
知り尽くしているはずなのに、一瞬でもセカンドオピニオンを考えるほど悩んだ今回(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
地元にはこの先生以外、いい先生いないの分かってるのにね(笑)

この間友人達の体験談や励ましもあって、今後ネネがラーの為に出来る事が見えてきました。

これから先、ラーはお薬を飲み続けなければなりませんが
食事療法など含めてラーが快適に生活出来る様に・・・・頑張ります!
関連記事
| ラボ&ももはるカルテ | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。